Tea break

ちょっとした息抜きに

牛丼チェーン店の食べ比べで優勝してみた

食べ比べに味を占めた男

こんにちは。

食べ比べは教養と人生を豊かにしてくれると信じて止まないwisteria30です。

前回の水の飲み比べで学んだことは大きく、それ以降水の美味しさを意識しながら生活できている気がします。(本当に気がしているだけな可能性もある)

wisteria30.hatenablog.com

今回も件の友人が発した「牛丼は松屋が最強」の一言が事の発端になり、それを検証するべく牛丼チェーンの食べ比べに挑むことにしてみました。

ラインナップ

こちらが牛丼食べ比べ選手権に参加したお店になっています。

なんだかレジ袋が揃うだけでもアベンジャーズって感じで壮観ですね。

牛丼を含めた写真がこちらになります。

左から順番に吉野家なか卯すき家松屋のラインナップで並べています。

包装だけ見ても吉野家は中身が見えなかったり、松屋は具と米が分離されていたりと各社違いが見て取れます。

食べ比べ

それじゃあ、今日はこの牛丼たちで優勝していくわね(某ボイス)

今回も食べ比べは件の友人と行い、味の違いや美味しさを見ていきます。

項目としては

  • 全体的な味

の3つでざっくり見ていけるといいですね(希望的観測)

吉野家

まずは昨今の炎上問題で社会的に不安定ながらも美味しい親子丼を出した事で有名な吉野家から食べていきます。

見た目はザ・牛丼という感じで少し分厚く見える牛肉が良いですね。

味に関しては鰹出汁の香りが食べた瞬間から強く感じられ、その上で肉の美味しさがダイレクトに伝わるようなとても上品な牛丼でした。(相対評価

少し品のある牛丼とも言えるし、家庭で真似しやすそうな牛丼とも言える無難に万能な味付けだと思います。

吉野家は他のチェーンに比べて肉が大きいというイメージはありましたが、実際その印象は正しいと思われます。これほど大きな肉は他の牛丼では確認できず、やはり吉野家の強みの一つと言えそうです。

ただし、米が一番汁を吸ってしゃばしゃばになってしまっていたのでそこは残念でした。

なか卯

お次はなか卯の和風牛丼。

和風じゃない牛丼を知らないので、強調して和風を付けている理由がよく分かっていないです。すき焼きをチーズと黒胡椒と生卵で洋風に食べたことはありますが、そういったニュアンスの洋風牛丼も存在するのでしょうか?(ちなみに絶品でした)

実食した感想としては、生姜の香りが強く牛丼というより生姜焼き丼っぽいなという感じでした。もちろん美味しいのですが、他三つと比べると明らかに方向性の違いがあり牛丼食べたさで注文すると、人によっては肩透かしを食らってもおかしくはないような味でした。

肉はちょっと薄めに感じましたが、生姜焼きに合うような身質だと思います(もう牛丼として見てない)

米の炊き加減は硬すぎず柔らかすぎずでちょうど良かったように感じます。

すき家

一番最後に買ったため、温かさ補正で多少有利なすき家の牛丼です。

肉のボリュームが一番多く見え、見栄えが良いですね。

味付けは甘い。とにかく甘い。牛丼版ガムシロップでもかかってるのかと疑うほど甘いです。 全体的にちょっと濃いめの味付けで食が進みやすそうなのは良いところだと思います。

肉は赤みと脂身のバランスがちょうど良く、噛んだ時に赤み肉の甘みのようなものをしっかりと感じ取ることができました。

米に関しては温かさ補正が入っていて正確な評価が難しいですが、少し硬めで好みの硬さでした。

松屋

大本命の松屋です。

コンビニの丼ものでよく見る具と米が分離されている包装ですでに期待値高いです。

う、美味い......

一口目を口に入れた時の満足度が抜けて高いです。

他の牛丼に比べて旨み、特に牛の油の旨みを強く感じる味付けだと思います。なので、すき焼きっぽいなーとか卵が合いそうだなーといったことを食べながら思いました。

ただ反面、牛の油が強い味付けでもあるので油がしんどかったり、味の飽きが早くきてしまうといった問題点も人によっては起こりそうです。

肉は味付けが強いので無難に美味しく、米もすき家と同じぐらいの硬さで食べ応えがあって良かったです。

利き牛丼

利き牛丼は優秀な後輩をわざわざ呼んでよそいでもらいました。(こんなくだらない茶番に付き合ってくれて感謝しかない)

今回は選択肢が4つしかないので1回勝負で利き牛丼を行いましたが、無事当てることができました。

味の特性が結構はっきりと出ているので、流石に利き水に比べると楽勝でしたね。

結論

優勝は松屋

ちゃんと結論

一口目食べた時の味のインパクトと肉と米のバランスから総合優勝は松屋になりました。🎉🎉🎉🎉🎉 件の友人の発言が今のところ納得率100%なので、きっと彼は良い舌をもっているのでしょう。

また、想像以上に店それぞれに味の個性が存在していたことが分かったのは今回の大きな発見でした。 今度からは「サッパリと牛丼が食べたいから吉野家に行こう」といった選択ができるようなったのですから、教養がまた一つ身についたといっても過言ではないでしょう。実質優勝です、ありがとうございました。

それでは

P.S. 食レポって難しいですね

cudaのGPG KeyエラーでDockerfileに追記すること

問題

今まで動いてたGPU対応のPytorch公式imageが動かなくなった。

なんでも、2022年の4月末にcudaパッケージリポジトリの署名鍵を更新したらしい。

developer.nvidia.com

実際に動かしたところ、apt updateの実行中に止まって以下のエラーが出た。

W: GPG error: https://developer.download.nvidia.com/compute/cuda/repos/ubuntu1804/x86_64  InRelease: The following signatures couldn't be verified because the public key is not available: NO_PUBKEY A4B469963BF863CC
E: The repository 'https://developer.download.nvidia.com/compute/cuda/repos/ubuntu1804/x86_64  InRelease' is not signed.

対応

aptの署名鍵を更新する処理をapt update前に入れてあげるだけで済む。

具体的には以下3行をDockerfileに追記

なお、OSのディストリビューションアーキテクチャが違う場合はurl上のubuntu1804, x86_64の部分を使うものに変更すること

# To fix GPG key error when running apt-get update
RUN apt-key adv --fetch-keys https://developer.download.nvidia.com/compute/cuda/repos/ubuntu1804/x86_64/3bf863cc.pub
RUN apt-key adv --fetch-keys https://developer.download.nvidia.com/compute/machine-learning/repos/ubuntu1804/x86_64/7fa2af80.pub

おわり

おしまい

参考

github.com

遊戯王初心者がエルドリッチ使ってマスターデュエルでプラチナ1に行くまで

どうせやるならプラチナ Tier1行きたい

スマブラならVIP、雀魂なら雀傑までは到達したいと目標を定めてがっつりプレイするタイプの人間が少し遅れて(始めて丁度シーズン2が始まった)マスターデュエルに手を付けました。その例に漏れず、プレイを始めてすぐに「少なくともプラチナ帯、可能であればプラチナ Tier1までの到達」を目標にしてプレイした結果、無事プラチナ Tier1に到達したので記録を残しておきます。

f:id:wisteria30:20220214015550j:plain

f:id:wisteria30:20220214040544p:plain

初心者?

初心者です(堂々)

少なくとも中級者ではないです。 昔にOCGで寄せ集めデッキでスターダストドラゴン出して遊んだことがある程度で

  • サイクロンで効果を無効できないことは知ってる
  • エクシーズまではギリギリ分かる(フィールドの形変わっててビックリした)
  • 〇〇ビートとか言われても分からない、そもそもビートって何?

ぐらいのスキルレベルです。

やったこと

  1. チュートリアルのストラクでブルーアイズ選んで、ソロモードで遊びつつ石を集める
  2. パックを引いたら強いらしいと噂のエルドリッチが出たので、ネットでデッキを調べて作成
  3. ソロモードでデッキの動かし方を把握してから、半日ランクマッチ潜ってプラチナ帯まで到達
  4. 降格したりカードを差し替えたりしながらプラチナ1到達

なぜエルドリッチ

エルドリッチを作ろうと思った理由はかなりシンプルで

  • TwitterYoutubeで情報が目についた
  • 環境トップのデッキとも戦えるぐらいに強くて、それほどややこしくない
  • エルドリッチが当たった

特に上2つが理由としては大きいです。 初心者の私にとって大きすぎるカードプールは小さい歯車が無数に散らばっているような感覚で歯車の噛み合い方つまり、このカードはどんな場面で使われるのか、そもそもどんなデッキがあるのかが何も分からない状態でした。その点キーカードが分かりやすく、偶然目に止まったエルドリッチデッキのコピーから始めるのは考えることを少なくする意味ではとても良かったです。

デッキ構築

そして、実際に動画を見つつ最初に作ったのがこのデッキ

www.youtube.com

f:id:wisteria30:20220214030010p:plain

プラチナ昇格まではこのデッキで勝ち進んで、43戦36勝とかなり気持ちよく勝ち進めました。

f:id:wisteria30:20220214031129j:plain

一方負け試合7戦は

  • アダマシア x 2
  • ドライトロン x 2
  • サンダードラゴン
  • エルドリッチミラー
  • 王宮の勅命で自滅

と所謂環境デッキに展開力や制圧力で負ける試合が多かったです。

なので、プラチナに上がったタイミングで後攻を取っても戦えるようにこちらのサイトを参考にして、手札誘発と除去系の札を増やして修正しました。

www.inconvenient1yugihoplayer.com

www.inconvenient1yugihoplayer.com

IN

  • PSYフレームギア・γ
  • 増殖するG
  • 屋敷わらし
  • 天龍雪獄
  • 禁じられた一滴

OUT

  • ドラグマ・パニッシュメント
  • 手違い
  • 御前試合

f:id:wisteria30:20220214034136p:plain

ver2とver3はほぼ一緒

f:id:wisteria30:20220214034150p:plain

プラチナ帯の対戦は環境デッキとの対戦が占める割合がとても多くなり、勝率が落ちるもののなんとかプラチナ3まで到達。しかし、7,8連敗し降格した際に気付きを得てデッキを再修正しました。

最終的なデッキ

最初にも載せていますが、最終的にプラチナ1を達成したデッキがこのver4になります。

f:id:wisteria30:20220214040544p:plain

そして、上で挙げた気付きというのがざっくり4つです。

  • 結局スキルドレインを始めとした永続罠が無いと話にならない
  • 相手ターンに手札誘発するγやうららの妨害幅が小さい
  • 逆に手札リソースさえ潤沢にあれば後攻からでも巻き返せる
  • 全ての試合では勝てないと割り切って、先行ドライトロンやトライブリゲードなど除外多数デッキのメタ対策をしない

ver3のデッキはどんなデッキに対しても後攻を取ったとしてもある程度戦えるデッキでしたが、逆に先行を取ったとしての手札が事故りやすくどのようなデッキに対してもあまり安定しませんでした。 なので、ある程度の不利対面は割り切って考えて「先行なら絶対勝つ、後攻でも引きによっては勝てる」ことをデッキコンセプトとし、安定した勝率を目指しました。(このコンセプトが達成できるなら勝率は絶対50%以上なので)

IN

  • 金満で謙虚な壺
  • センサー万別

OUT

  • PSYフレームギア・γ
  • 屋敷わらし
  • 天龍雪獄

先行ならスキルドレイン・サモンリミッター・センサー万別・王宮の勅命(魔封じの芳香)から2種類、後攻なら増殖するG・禁じられた一滴(ラヴァゴーレム) + 罠類があれば、盤面を握りやすいので後はエルドリッチでじわじわと削って勝つ。

一周回ってかなりシンプルな構成になったと思いますが、結果無事プラチナ1を達成することができました。

f:id:wisteria30:20220214044521j:plain

108戦76勝で少し沼った後が見えます。(ミッションの『ランク戦でデュエルする』の回数は94戦だったので正確ではないが大体一致しているはず)

エルドリッチのデッキ構築でそれぞれのカードに思ったこと

どのカードを採用するか、採用してみてどうだったのかみたいなことを部分的に羅列します。

  • エルドリクシルと黄金郷はそれぞれ計5枚以上ないと耐久力が心もとない
  • EXデッキ意外と重宝するのでドラグマ・パニッシュメントは使いづらい
  • グスタフとプレアデスは絶対2枚ずつ必要
  • 天龍雪獄はエルドリッチミラーで最強(汎用的には永続罠の方が有効そう)
  • 虚無空間で一時的な特殊召喚無効より永続的なサモンリミッターの方が強い説
  • 群雄割拠・御前試合・センサー万別どれ入れれば良いの問題
    • 体感環境デッキに一番刺さりそうなのはセンサー万別
    • 始めたては直感的に御前試合 > 群雄割拠だと考えていたけど、今は群雄割拠の方が強そうと思っている

やらなかったこと

  1. 一からデッキを構築すること
  2. 複数デッキを作ること
  3. ゆるふわエンジョイ対戦

やったことを書いたので、逆も書いてみましたがこんなにやれてないことあるんですね。 有人にエルドリッチ当てるは心苦しいので、新しくデッキ作ってゆるふわエンジョイデュエルしようと思います。

プラチナ1への道は険しい

勝率が5割を超えていれば、いずれ確実に到達するのでデッキによりますが、到達難易度自体はそれほど高くないと思います。

しかし、コイントスで負けただけで5分以上のソリティアを眺めて何もできず敗北したり、常に出てくる知らないカードとその大量のテキスト効果に初見殺しされるなどメンタル的なしんどさは結構ありました。

実際、データを見ると100戦以上対戦しているのでかなりの時間を使ってますし、その中には効果やコンボをよく分からないままプレミして負けた試合もたくさんあると思います。なので、初心者が強いデッキでプラチナ1に行くことは現実的だが根気は必要というのが個人的な感想です。

とは言え、金銭的にガチれなかった遊戯王をこんな形でしっかり楽しむことができたことはとても満足していますし、ベースのデッキを改造して環境に順応させる過程を楽しめたのも、短いスパンでデュエルし続けれるマスターデュエルならではの魅力だと思います。

良いゲームをありがとう。

リンク

記事を書く同期になった記事です。プレイング的な部分はこちらの記事が参考になると思います。

chomosh.hatenablog.com

人生初の水の飲み比べをしたら意外と違いが分かった話

事の起こり

水はいろはすしか勝たん!と断言する友人があなたの周りにいますか?

私にはいました。

私は水を飲む機会がそれほどないので、そうは言うが実際どれもそんなに変わりないだろうと思っていました。

しかし、先日ファミマの「津南」「霧島」と書かれたラベルの水を連日飲んだ際、「あれ?昨日飲んだ水のほうが美味しくない?」という感想になったので、その友人(と居合わせた先輩)を誘って

  • 水の飲み比べをしたら味の違いが分かるのか
  • ほんとにいろはすしか勝たんのか
  • いろはすでも採水地が違うと味に違いはあるのか

のようなことを検証してみることにしました。

買った水

というわけで、飲み比べする水を揃えました。

どれも手頃にコンビニで買えるものでチョイスしました。

右から順に

というラインナップになっています。

f:id:wisteria30:20211019200615j:plain

なぜか写っている後輩のフィギュア(こうしてみるとイメージガールみたい)

f:id:wisteria30:20211019200631j:plain

飲み比べ

ブログ書くと思ってなかったので、個別の写真はないです。

あまり厳密ではないですが、硬度が低いものから高いものへという風に飲み比べていくことにしました。最初に飲んだ感想だけでなく、利き水後も含めた総評になっています。

津南

一番硬度が低い(はず)水

かなり軽い飲みごたえで、喉を通る感じがよかったです。

ただ、ちょっと無機質な味ではあるので味わって飲むというより、夏の暑い日にグイッと、、、という印象でした。

最初の水だけに、はじめは軽い飲み口から評価が高かったのですが飲み比べた結果、味が足を引っ張ってtop3ではないなという雰囲気でした。

サントリー天然水

甘い。とにかく飲み比べた中ではダントツで甘く、特に飲んだ後に舌に残る甘さだったと感じました。

飲みごたえも軽く(津南より気持ち重いぐらい)、味が良かったので友人・先輩共々好印象でした。

クリスタルガイザー

端的に評価があまり良くなかったです。

水道水のよう、という表現が何度か出るような独特な薄い苦味があって、あまり美味しくなかったです。

また、区分的には軟水のはずなのですが、個人的には口に入れた時に一番重さを感じました。

いろはす(富士山)

全体的にまろやかな印象を感じました。

津南とサントリー天然水の中間という感じの雰囲気で、軽い飲みごたえにほんのりとした甘さのバランスが取れた水だと思います。

個人的には少し物足りない感も感じましたが、いろはすしか勝たん友人はこれが一番お気に召したようです。

いろはす(大山)

富士山のいろはすと傾向は近いのですが、こちらの方がより味がしっかりとしていたと感じます。

サントリー天然水は後に残る甘さが特徴なのに対して、こちらは口に含んだ際に甘さを感じるような水でした。

飲みやすく、味も良く常飲するならこれが一番良いと個人的には思いました。

霧島

中ぐらいの硬度の水

口に含んだ瞬間にあっ、美味しいと感じる水 No.1だと思います。

これまでの水と比べて甘さがあるというような感じではないのですが、水の豊かさのようなものを感じます。

飲みごたえに関しては先輩曰く、「津南と比べると喉を通るときにズンと来る重さがあってかなり違いを感じる」とのこと。結構人によって評価が変わる水だと思います。

飲み比べのときは正直あまり印象に残らなかった水なのですが、利き水やその後の飲み直しで評価がかなり変わり、最終的には上記のような評価になりました。

evian

この中ではずば抜けて硬度が高い、硬水

苦い。鉄さびとまではいかないですが、何かしらの金属っぽい苦さを感じます。

クリスタルガイザーも独特な薄い苦味がありましたが、それよりもかなりしっかりとした苦味が感じられます。

飲みごたえ自体は津南に比べるとあるとは思いますが、ずば抜けて重いかと言われるとそれほどでもない気がします。

利き水

利き水を3回行ったところ、以下のように3問中1問しか正解できず、かなり外しました。(上のレビューはそんな舌の持ち主の戯言です)

  1. 正解: 霧島, 回答: 津南 ✗
  2. 正解: サントリー天然水, 回答: サントリー天然水
  3. 正解: クリスタルガイザー, 回答: evian ✗

ただ、それぞれ甘くない・後味が特に甘い・重くて苦味があるなど大まかな雰囲気を捉えることは出来たので、全く違いの検討が付かないという感じでもなかったです。

見た目も匂いも判断材料にならない情報の少なさと散々評価した挙げ句外すと、、、というプライドとで謎にかなりプレッシャーがあり、面白かったです。

結論

  • 水の飲み比べは結構違いが感じられて面白い
  • いろはすしか勝たんとは言わないが、いろはすはかなり美味しかった
  • いろはすでも採水地が異なると味に違いはでる
  • 利き水は難しいが、水の大まかな雰囲気は意外と分かる

また、個人的なランキングは右から順に

という風になりました。

みんな、いろはすはいいぞ

f:id:wisteria30:20211019200654j:plain

CatalinaでmarkdownファイルをQuickLookから見る

Macは拡張子がtxtやdocsがのファイルはQuickLookから見れるが、mdファイルはQuickLookからデフォルトでは見えない。 今まで気に留めてなかったし、勝手にできないと思い込んでいたけど、ふとしたきっかけで調べてたら簡単にできたので、備忘録

brew cask install qlmarkdown
xattr -d com.apple.quarantine ~/Library/QuickLook/QLMarkdown.qlgenerator/

おわり

セキュリティーとプライバシーのところで許可を出したりしたので、ひょっとしたらそれもあるかもしれない

本当におわり

「セットしたディスクは、このコンピュータで読み取れないディスクでした。」って怒られたので対処法

「セットしたディスクは、このコンピュータで読み取れないディスクでした。」

は???

ディスクユーティリティからフォーマットしようとしても「パーティションマップを変更できませんでした。」って怒られたのでコマンドから対処する。

$ diskutil list

/dev/disk2 (external, physical):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:     Apple_partition_scheme                        *16.1 GB    disk2
   1:        Apple_partition_map                         4.1 KB     disk2s1
   2:                  Apple_HFS                         2.5 MB     disk2s2

どうもこの disk2s2がパーティションとして確保されていて、フォーマットしようとしてもうまくいってなかったぽい(その時のフォーマットはFAT12だった)

Windowsでも見れるようにFAT32でフォーマットする

$ diskutil eraseDisk MS-DOS BLANK /dev/disk2

Started erase on disk2
Unmounting disk
Creating the partition map
Waiting for partitions to activate
Formatting disk2s2 as MS-DOS (FAT) with name BLANK
512 bytes per physical sector
/dev/rdisk2s2: 30962112 sectors in 1935132 FAT32 clusters (8192 bytes/cluster)
bps=512 spc=16 res=32 nft=2 mid=0xf8 spt=32 hds=255 hid=411648 drv=0x80 bsec=30992384 bspf=15119 rdcl=2 infs=1 bkbs=6
Mounting disk
Finished erase on disk2

おわり ubuntu 20.04 入れます。

MACで外付けHDDのフォーマットに失敗する場合の対処法 | FEELD BLOG

日本語配列のHHKBを買ったけど英語配列にすれば良かったなぁと少し後悔した話

4月の頭に日本語配列のHHKBを購入しました。
家にいる時間が長くモチベーションが死んでいたので、奮発してしまった...

最初は尊師スタイルしたいなぁぐらいの気持ちで買ったのですが、今はこれが無いと物足りないと感じるぐらい素晴らしいものでした。
HHKB最高!HHKB最高!HHKB最高!(皆さんも復唱しましょう)

ただ、使ってて英語配列のを買えば良かったなぁとすこーし後悔することが2点あったので書いておきます。(基本的に満足しています)

1. BackSpaceとEnterキーが遠くて押しにくい

使用方法は画像のようにMBA尊師スタイルなんですが、HHKBってMBAのキーボードより微妙に横に長いんですよ。

f:id:wisteria30:20200511034512j:plain

この微妙に長いというのが肝で、いままでそれほど違和感なく押していたBackSpaceとEnterキーがとても遠く感じて押すのが絶妙に面倒くさいんですよ。
その点、英字配列はその二つのキーが横長なので右小指でそのまま触れていいなぁと思ったりします。 後、日本語配列の特権である矢印キーもホームポジションから遠くてコーディングの時とかは使わないのでいらなかったなぁという感じです。

結局 BackSpace, Enter, 矢印キーはホームポジションで完結するように、Karabainer Elementsでキーバインド自作しました。

2. 英語配列の方がキーキャップのカスタマイズができる

これ購入するまでは完全に盲点だったんですよね...
元々HHKBはキーキャップのカスタマイズがあまりできないっぽいです。(REALFORCE用のを適応させたり色々できるのはできるらしい)

それでも全く無いわけではなく、PFUの公式ページやKBD FANS、AliExpressで売っています。

HHKB オプション|PFUダイレクト

HHKB – KBDfans Mechanical Keyboards Store

ただし、売られているのは英語配列

HHKB用のキーキャップは英語配列のものばっかりで、日本語配列用のものが全然見当たらないんですよね。

f:id:wisteria30:20200511050822j:plain

これとか付けてみたかった...


色々書きましたが、英語配列は触って無いので実は日本語配列の方が性に合っている、、、なんて話になるかもしれません。参考にする方は話半分に見てもらえれば嬉しいです。

まぁ、隣の芝生は青く見えるって事なんですかね。